メニュー

ホクロ

ホクロについて

母斑細胞(メラノサイトや神経の細胞等が生じる神経堤由来の細胞)が増殖したできものです。

生下時より見られる先天性母斑細胞母斑、小児期や思春期など
後になって生じてくる後天性母斑細胞母斑の他
青色母斑、スピッツ母斑、異型母斑等に分類されています。

巨大型先天性母斑細胞母斑、青色母斑の細胞型、異型母斑では
悪性黒色腫が発生する場合があります。

治療は
悪性腫瘍や他の腫瘍と鑑別が必要な場合は
局所麻酔の注射をして手術で切除し、病理組織学的検査をおこないます。

悪性の心配の無いホクロはレーザーでの治療も行っています。

美容目的でのホクロ治療は保険適応外となります。

 

炭酸ガスレーザーによるホクロ除去

炭酸ガスレーザーを使用してホクロの除去をしています。


炭酸ガスレーザーは
水分の多い組織と反応して、組織の蒸散や切開、止血などを行うことができる装置です。
冷凍凝固法や電気凝固などの治療法と比べて周囲組織への熱による損傷が比較的少なくなっています。
メスを使用する治療と比べ出血することは少なく、
キズ跡はホクロの深さに応じたくぼみのようなキズ跡になります。
処置後に縫合しないので抜糸の必要がないことが利点です。

ホクロ治療の流れ

ホクロ部分に局所麻酔の注射をして、炭酸ガスレーザーでホクロを蒸散し除去します。
治療直後はホクロの大きさぐらいのきずができます。

治療部分は数日じくじくと浸出液がでて、その後かさぶたがはってきます。
1週間程してかさぶたが取れた後は治療部分がピンクから赤色の皮膚になりますが
徐々に薄くなり落ち着きます。

ホクロの大きさ・深さに応じて皮膚にくぼみのようなキズ跡ができます。

炭酸ガスレーザーによるホクロ治療

直径5mmまで 1個につき 15000円(税抜)

 

ルビーレーザーによるホクロ治療

ホクロの黒い色素をレーザーでこわしてすこしずつ薄く目立たなくしていきます。
隆起のない平たいほくろできずを作りたくない方に適しています。

IB1011
麻酔なしで治療できますが
一度で薄くなりませんので繰り返し治療が必要です。

治療後はメイクは普通にできます。

治療後数時間ぐらいレーザーを当てた部分が赤くなったり
すこしふくれる場合がありますが特に心配ありません。

2ー3日後より薄いかさぶたがはりその後はがれます。
色は繰り返しあてるうちに少しずつ薄くなります。

はじめのうちは変化ありません。
色味にもより回数は異なりますが
何回か繰り返して治療を続ける必要があります。

 

ルビーレーザーによるホクロ治療(税抜)

直径5mm 10個まで 1回 5,000円

10個以上 1回 500円×個数

上記が治療毎にかかります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME